【グランデリ フレシャス】ドッグフードの安全性と注意点を徹底解説!

ドッグフード一覧
※当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は、【グランデリ フレシャス】ドッグフードの安全性について紹介します。

素材のおいしさ溢れる【グランデリ フレシャス】ドッグフードですが、愛犬でも食べられるか気になりますよね。

そこで、この【グランデリ フレシャス】の安全性や注意点をまとめて徹底解説します。

【グランデリ フレシャス】を検討している方は、安全性や注意点を参考にしてくださいね。

楽天

 

Amazon  

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの安全性を3つの理由で紹介!

  • 原材料
  • 栄養バランス
  • 健康への配慮

グランデリフレシャスドッグフードが安全な理由を3つ紹介します。

グランデリフレシャスドッグフードがどのあたりの安全性を考慮しているのか、確認してみて下さいね。

 

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの原材料

グランデリ フレシャスは高品質の原材料にこだわり、新鮮なチキンやビーフを使用しています。

ワンちゃんの健康に不可欠な、高品質タンパク質源を摂る事が出来ます

また、国産と厳格な品質管理で、安心感と品質の一貫性が保たれており、愛犬家からの信頼も高いですね。

また、添加物や化学調味料は一切使われておらず、天然由来の成分だけで作られています。

そのため、アレルギーや消化不良などの副作用が起こりにくく、健康に良いですね。

 

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの栄養バランス

グランデリ フレシャスは、愛犬の栄養バランスを重要視しています。

穀物や肉類などのバランスが良く、必要な栄養素が豊富に含まれています。

必要な栄養素を含むフードなので、愛犬の健康的な成長と生活をサポートしてくれますね。

栄養バランスが考慮されたフードで、愛犬は必要な栄養素を摂取、飼い主は愛犬の健康をサポートしていく事が出来ますよ。

 

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの健康への配慮

グランデリフレシャスドッグフードは、「おいしさ」「品質」「健康」に重点を置いた、フードとなっています。

特に小型犬の特別なニーズに合わせて、フードでも粒の大きさや硬さが適度で噛みごたえがあります。

そのため、歯や歯茎の健康にも良く、食べやすいですよ。

また、13歳以上のシニア犬向けや、超小型犬向けサイズなどバリエーションも多いのが特徴です。

年齢や、サイズ、健康に配慮したフードとなっており、多くの選択肢に定評がありますね。

 

【グランデリ フレシャス】ドッグフードを与える時の注意点は?

グランデリ フレシャスは、安全性が高く、愛犬に与える時にも注意点が少ないドッグフードです。

ですが、、与える時は以下のような点に注意すると良いですね。

  • 体重や年齢に合わせて適量を与える
  • 急に切り替えない
  • 保存方法に注意する

グランデリ フレシャスは、犬種や体重、年齢などに応じて適量が異なります。

パッケージに記載されている目安量を参考にしてくださいね。

過剰に与えると、肥満や消化不良などの健康状態に問題にもなりますので気を付けましょう。

またグランデリ フレシャスに切り替える場合は、従来のドッグフードと混ぜて徐々に慣らしていくことが大切です。

急に切り替えると、犬の胃腸が慣れずに下痢や嘔吐などの消化器系トラブルを起こす可能性も考えられます。

切り替え期間は約1週間程度を目安として少しずつ慣らしてみて下さいね。

それと、開封後は湿気や直射日光を避けて保存しましょう。 賞味期限も必ず確認してくださいね。

 

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの安全性と注意点のまとめ

以上、グランデリ フレシャス ドッグフードの安全性と与える時の注意点を徹底解説しました。

グランデリ フレシャス ドッグフードは安全性が非常に高いフードになっています。

ですので、ワンちゃんが気に入ればずっと与えてあげるのも良いですね。

注意点として、適量を与える、切り替えを急にしないなどです。

喜んで食べるからと言って、与えすぎや量を間違えてしまうとワンちゃんの体にも負担になってしまいます。

基本的に、安全性の高いフードなのでそのあたりだけ気を付けて食べさせてあげて下さいね。

楽天

 

Amazon    

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの1日の給餌量は?

体重 給餌量
成犬時の体重1kg 25g
成犬時の体重2kg 45g
成犬時の体重3kg 60g
成犬時の体重4kg 75g
成犬時の体重5kg 90g
成犬時の体重6kg 105g
成犬時の体重7kg 115g
成犬時の体重8kg 125g
成犬時の体重9kg 140g
成犬時の体重10kg 150g
成犬時の体重15kg 205g
成犬時の体重20kg 255g

今回は、成犬の体重と給餌量を紹介しました。 あくまでも目安となっていますので、参考にしてみて下さい。

また、グランデリ フレシャス ドッグフードを減量させたい時についても紹介します。

基本的には、体重を見ながら少しずつ与える量を減らすといいようです。

また、こちらも目安にはなりますが、ひと月に5%減らし、翌月も5%減らしていくようにすると良いみたいですよ。

徐々に減らして様子をみてみてくださいね。

 

【グランデリ フレシャス】ドッグフードの保存方法は?

基本的には、高温多湿や直射日光を避け、風通しの良い場所に保管しておくと良いですね。

開封後はほこりや虫などはいらないようにしっかりとパックを閉じるようにして下さい。

また、一度開封したものはなるべく早めに食べる方がいいです。

それと、小さなお子さんがいるお宅では、誤飲しないように手の届かないところに置いておくと良いですね。

楽天

 

Amazon